前へ
次へ

賃貸管理の中の資金管理の業務内容

賃貸管理はアパートやマンションを運営してく上で資金業務を行うのが資金管理になります。
賃貸管理の方法として自己管理と委託管理がありますが、両方を併用して管理する場合も多くあります。
その中で資金管理は自己管理として大家さんが自ら管理する事ができる管理業務の1つとも言えます。
逆にその他の入居管理や建物管理自体は専門の知識や業務内容が求められるので、委託管理を行うことが多いです。
では資金管理の主な内容ですが、不動産を経営する上での収支管理があげられます。
自己管理だけでなく委託管理をしている場合の費用などもこの管理に含まれてきます。
また運営していく上での納税や預かり金といった管理が必要となります。
また修繕費なども積み立てておく必要がありますが、この管理も行う業務の1つです。
これらの業務は専門的な知識は必要ですが、資金面ということで自身で勉強してしっかり自己管理を行う人が多い資金管理業務の1つとなっています。

Page Top